ドバイで開催されている世界選手権
11/20、大会5日目は個人戦メダルマッチが行われました。
日本選手は、金2、銀1、銅2のメダルを獲得しました。
=結果一覧=
男子個人形: 喜友名諒 金メダル
女子組手-50kg: 宮原美穂 金メダル


■ 公認称号・推薦段位審査会のご案内 ■

 12月10日(金)に、審査会が開催されます。
 資料は、「審査会・講習会」のページにございますので、ご確認ください。〆切は、11月26日(金)、連合会事務局書類必着です。


■ 公認六段・七段位審査会のご案内 ■

 11月13日(土)・14日(日)に、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)にて、公認六段・七段位審査会が開催されます。
 資料は、「審査会・講習会」のページにございますので、ご確認ください。〆切は、10月5日(火)、連合会事務局書類必着です。


東京2020オリンピック空手競技において、喜友名諒選手が予選・準決勝・決勝とただ一人の28点台をマークする圧巻の勝利で金メダルを獲得した。
喜友名諒選手の金メダル獲得は、空手発祥の地である沖縄県から初のオリンピック金メダルリストの誕生となるものであった。この歴史に残る快挙は、日本国民の感動と喜びはもとより、沖縄県民や空手関係者にとり感慨ひとしおである。
想像をはるかに上回るであろう努力により、空手の神髄を全世界の人々に示し、また閉会式では旗手を務め、その勇姿を国民の目に焼き付けた喜友名諒選手に大いなる賞賛を贈りたい。
連合会では、連合会所属の喜友名諒選手・惜しくもメダルを逃した宮原美穂選手、今井謙一コーチ・高橋和夫審判員への栄誉を称え、オリンピック祝賀会の開催を全国大会前日の11月6日(土)にスイスホテル南海大阪にて予定している。
※写真は 株式会社フォトクリエイト様 株式会社チャンプ様のご許可の下、掲載させていただいております。